◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
臼蓋形成不全の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


臼蓋形成不全は、股関節の骨盤側の臼蓋と呼ばれる関節面の形成が先天的に不十分である場合のことをいいます。
股関節は、非常に強い力が加わる関節なので、臼蓋形成不全だと、圧力が高まり臼蓋が、早く擦り切れてしまいます。
そうなると、変形性股関節症になってしまいます。
両股の場合は、両股臼蓋形成不全といいます。
診断には、CE角(central edge angle)を用います。
CE角とは、大腿骨頭中心と臼蓋外上縁を結ぶ線と、垂直線のなす角度をいいます。
正常は、30°以上で、25°以下を臼蓋形成不全と診断します。

変形性股関節症の症状、股関節の痛み 変形性関節症は40歳を過ぎた中年以降、股関節の痛みを生じることがあります。
先天性股関節脱臼検診では、股関節のレントゲンやエコーを用いて
脱臼のあるもの、脱臼はないが臼蓋形成不全のあるものに分けて、
脱臼のあるものはすぐに治療をはじめ、脱臼はないが臼蓋形成不全のあるものに関しては経過観察です。
脱臼はないが臼蓋形成不全のあるものは、幼児の頃に自然治癒して、就学前までに正常になってしまうので治療が必要ない場合が多いです。
大体、幼児から小児までに回復しますが、中学入学までに治らない場合は、運動部に入部するのを避けることがあります。
臼蓋形成不全の原因としてよく見られるのが逆子です。
逆子の状態では、赤ちゃんが自由に足を動かすことができないので、臼蓋が正常に発育しないことがあるからです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)臼蓋形成不全の症状、治療