◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
亀頭包皮炎の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


亀頭包皮炎は、包皮と亀頭の間に汚れがたまり、細菌が繁殖して炎症を起こすというものです。
尿を出すときにしみたり、炎症がひどくなると黄色い膿が出ます。
オムツをしている赤ちゃんにもよくみられる病気です。
幼児や小児は、砂遊びなどして汚れた手で触れたりすることで、亀頭包皮炎となってしまうことがあります。
赤ちゃんの場合は尿を出すときに必ず泣いたりするなら、亀頭包皮炎の疑いがあります。
亀頭包皮炎の原因として、便のついたオムツから、細菌が侵入してしまうことがあげられるので、オムツは清潔に保つようにします。
予防には、清潔にする事が第一です。

亀頭包皮炎の症状としては、包皮や亀頭が赤く腫れ、かゆくなったり、膿が出たり、出血することです。
尿道炎を併発することもあります。
包皮内に感染が起こって赤くはれ痛みを伴います。
亀頭包皮炎の治療は、無理の無い範囲で包皮を軽く反転して、軟膏を塗ります。
抗生物質を内服することもあります。
回復しても、不潔な状態やあかがたまった状態が続くと再発してしまうので、
入浴の際、ぬるま湯で洗います。
小児外科などの病院でも、あかをとってもらうことができます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)亀頭包皮炎の症状、治療