◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
バセドウ病の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


バセドウ病は、自分の甲状腺を攻撃する自己抗体により、
甲状腺が肥大し甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてるというもので、
甲状腺機能亢進症の一種です。
プランマー病もよくにていますが、プランマー病の場合、目の症状が出ません。
甲状腺機能亢進症のなかで、バセドウ病は70〜80%を占めます。
バセドウ病は若い女性に多い病気です。

バセドウ病の原因は、遺伝と環境因子の両方が関係するいわれていますが、
ストレス、アレルギーなどが誘因となり、バセドウ病が発症することがあります。

バセドウ病の症状は疲れやすい、落ち着きがない、息切れ、いらいら、集中力低下、精神的高揚などの精神的な症状の他に、頻脈、動悸、不整脈、手のふるえ、汗を異常にかく、下痢、過食、筋力低下、生理不順、脱毛などの身体的な症状が現れます。
バセドウ病に特徴的な症状として、目が突出する、まぶたの腫れ、複視などの目の症状があらわれます。
バセドウ病は血液中の甲状腺ホルモン濃度を測定することによって診断可能です。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)バセドウ病の症状、治療