◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小脳梗塞の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


小脳梗塞は、全脳梗塞の4%程度だといわれていて、
小脳出血とくらべると頻度は4倍ほどです。
小脳には、手足の動き、口、舌、のど、眼の動きなどスムーズにする機能と、体のバランスを保つ機能があり、小脳に障害が起きると、手足の運動がぎこちなくなったり、
めまいや吐き気、嘔吐、眼振、ろれつの回りにくさなどがあらわれます。
小脳梗塞の原因は、主に血栓症によりますが、塞栓症も起こり、左右の椎骨動脈のうち生まれつき細い側に梗塞が起こりやすいです。
また、外傷によっても血管が閉塞して小脳梗塞になることも多いです。
心臓病が原因となっていたり、大きな血管が詰まっていることが原因となっていることがあるので、徐々に症状が進行して、重症化してしまうこともあります。

診断はCTでは見逃すことが多いので、MRIを行います。
MRIでも、小脳梗塞の場合はDWI(拡散強調画像)という撮りかただと、
早期から病巣が白く写るので推奨されてます。

小脳梗塞は、Mr.Children(ミスチル)のボーカルの桜井和寿さんの疑いで入院したことでも有名な病気です。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)小脳梗塞の症状、治療