◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
橋本病の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


橋本病は甲状腺の機能が低下する病気です。
妊娠中は胎児も甲状腺機能低下症をおこして、
脳の発育がおくれることがるので、妊娠中であっても
甲状腺ホルモン薬を投与する必要があります。

橋本病の原因は、甲状腺を攻撃してしまう自己抗体ができてしまうことです。
つまり、自己免疫疾患の一種で、橋本病を引き起こす自己抗体は
成人の10%、特に女性で20%に見られます。
この自己抗体がある人は、橋本病を発症しやすいです。
橋本病の原因となる自己抗体は抗サイログロブリン抗体、抗マイクロゾーム抗体です。
自分の甲状腺を異物とみなしてしまうので、甲状腺を破壊して機能が低下してしまうのです。
しかし、橋本病になると必ず甲状腺の機能が低下してしまうわけではありません。
甲状腺の病気は、20〜40歳代の女性に多く見られ、バセドウ病や橋本病などになりやすい体質の人は意外と多いです。
バセドウ病の場合は甲状腺ホルモンが過剰に分泌されますが、橋本病はその逆です。
診断結果を元に適切な治療を受ければ、生活に支障がないようになる場合も多いです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)橋本病の症状、治療