◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
アタマジラミの予防、駆除
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


アタマジラミは戦後に大流行しましたが、現在はほとんどないものだと思われています。
しかし、近年、アタマジラミは増加傾向にあります。
アタマジラミに寄生されると、刺されることにより、皮膚炎になったり、
発疹チフス、回帰熱、発疹熱などの病原体を媒介していることがあるので、
注意が必要です。
アタマジラミの成虫や卵を見るけることができれな、すぐに診断がつきますが、
卵はフケと間違われがちなので、なかなか発見されないこともあります。
戦後の大流行の頃は、頭に白い粉をかけて駆除したなどと言う話を、
親から聞いたことがあったり、団塊の世代の人々なら、その話をしていた側だと思います。
現在では、アタマジラミが子供に寄生している場合、親がアタマジラミというものを知らないので、見てもわからないということがあります。
抜け殻が髪の毛に付着していることもあります。

シラミにはアタマジラミ、コロモジラミ、ケジラミの3つがあります。
アタマジラミは季節的には、秋から冬にかけて、12歳前後までの女児に最も多く見られます。
成人男性や女性はほとんど感染することはなく、感染経路は接触です。
学校の水泳の授業でプールに入るときや、スイミングスクール、サウナなどが感染源となる場合が多いです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)アタマジラミの予防、駆除