◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
いんきんたむしの症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


いんきんたむしとは、陰部や股などに、かゆみをともなう湿疹ができる皮膚病です。
漢字で書くと陰金田虫です。
いんきんたむしには、頑癬疥癬、小水疱性斑状白癬(ぜにたむし)、陰嚢湿疹などが含まれると言われることがありますが、陰嚢湿疹はいんきんたむしではなく、だたの湿疹です。
いんきんたむしの場合は、水虫などと同じ白癬菌が原因となっているので、ただの湿疹とは異なります。
いんきんたむしは股部白癬というよびかたもあり、股部白癬は、こぶはくせんと読みます。
股部に生じる白癬菌感染症ということで、白癬患者全体の5%程度が股部白癬です。
漢字で陰金と書くことから、男性だけの病気と思われがちですが、女性でも発症します。

いんきんたむしの原因は、白癬菌ですが、感染経路は、人から人によるものがほとんどですが、犬や猫などのペットから感染することもあります。
白癬菌は表皮の角質層に感染します。
タンパク質を栄養源とし皮膚に寄生します。
白癬菌はいろいろなところに存在しますが、特に高温多湿を好むので、
水虫の人からの感染だけでなく、浴場、海水浴、プールなどで感染することがあります。
また、洋式トイレやスポーツクラブで感染することもあります。
白癬菌が感染した場所により、病気の呼び方が異なります。
手や足に感染すれば水虫、頭ならしらくも、股間ならいんきんたむしで、爪なら爪水虫で、そのほかの場所の場合はぜにたむしといいます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)いんきんたむしの症状、治療