◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
鼻茸(はなたけ)の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


鼻茸(はなたけ)は鼻腔内にできる、半透明で柔らかい、きのこ状、または、ぶどう状の
腫れ物で、鼻ポリープとも呼ばれます。
左右どちらか、あるいは両方が鼻づまりの状態になり、鼻で息が全くできなくなったり、鼻の穴から鼻茸が飛び出してくることもあります。
鼻茸(鼻ポリープ)の原因は、慢性鼻炎や慢性副鼻腔炎の合併症により、
鼻腔内の粘膜が部分的にふくらみブヨブヨとした状態になることです。
だんだん鼻茸は大きくなってきます。
原因は未だ特定されておらず、鼻腔内の分泌物が刺激となっているという説や
アレルギーが原因となっているという説があります。
アレルギー性鼻炎、気管支喘息などによる合併で発症することもあります。

慢性鼻炎や慢性副鼻腔炎、蓄膿症などは幼児や小児などの子供がよくなる病気なので、
子どもでも鼻茸が出来てしまうことがあります。

漢方薬で治療する場合は、直接、鼻茸を治療するわけではなくて、アレルギー性鼻炎などの治療を行うことになります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)鼻茸(はなたけ)の症状、治療