◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
陰茎がんの症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


陰茎がんは、包茎で包皮内に恥垢がたまって長期間放置されていることが原因となり、
40〜50歳になってから、がんになってしまうというものです。
60代から70代に多いとも言われています。
不衛生な地域では陰茎がんになってしまうことが多かったのですが、
最近の日本は衛生状態がよくなったので、症例は減少傾向にあります。
小児期に包茎の手術をしてしまう習慣がある人々には極端に発生頻度が少ないので、
陰茎がんの原因は、包茎による部分が大きいといわれています。
パピローマウイルスの感染と関係があるとも言われていますが、
パピローマウイルスというのは、子宮頸がんの原因となるとも言われているので、
癌が人から人へ移るともいえるので注意が必要です。
ヒトパピローマウイルスはヒト乳頭腫ウイルス(HPV)ともいわれ、
ヒトパピローマウイルスによる発ガンは、子宮頸がんに多く、男性ではもっていても発がんすることはまれで、キャリアとして女性に移してしまうことの方が問題です。
ほくろがあるとがんになるなんて噂もありますが、
それは結果的にそう見えることがあるだけで、ふつうのホクロは問題ありません。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)陰茎がんの症状、治療